1. TOP
  2. いびき対策特集
  3. ≫イビキストの効果と副作用を徹底解剖!

イビキストの効果と副作用を徹底解剖!


イビキストは、今話題のいびき対策商品。テレビのCMでも宣伝されていて、愛用している芸能人も多数いることから、いびき対策グッズ中では一番有名かもしれません。
それだけ話題のイビキストは果たして本当に効くのか気になるところ。イビキストは効果あり?副作用はない?この二つの疑問を解消します。

イビキストはいびき改善商品ではなかった!


イビキストは、スウェーデンの専門機関と、日本の池田模範堂というムヒ等を販売している会社で共同開発されたスプレー。スプレーと言っても、実はいびきや不快な寝息などをケアする目的で作られた「栄養機能食品」です。医薬品ではないと公式サイトにも注意書きがあります。

スプレーの中には天然オイルやビタミンEが配合されていて、寝る前に口の奥の方にスプレーすることで喉の空気の流れをよくするというものです。価格はそれほど高くはなく、ドラッグストアでも本体価格1,500円で気軽に購入できます。

イビキストという商品名からイメージできる通り、まるでいびきに効果があるように思えてしまいます。しかし、イビキストの公式サイトには「いびき」という文字は一つもありません。イビキストは寝息の改善をサポートするためのスプレーという名目で販売されているため、いびきが改善できるという表記がないのです。

医薬品には該当しないためこの表記になることは理解できますが、「イビキスト」というとてもキャッチーなネーミングがみんなにとっても覚えやすく、ヒットしているのかもしれません。

イビキストの具体的な役割とは

公式サイトには寝息のことしか書いてありませんが、それは表示のルール的な問題であり、全くいびきに効かないというわけではないようです。イビキストはオリーブ油、ひまわり油、ペパーミント油の3種の天然オイルを配合し、そのオイルで口の奥をコーティングすることで喉の空気の流れをスムーズにします。

いびきの原因である喉の奥が狭くなり空気が通りづらい状態を解消し、滑らかにすることでいびきを防止するそう。直接喉の中の器官を刺激するわけではありませんが、要は体内に入れても問題のない潤滑油のようなものです。

イビキストのメリット

スプレータイプで小さいので携帯するのが楽

軽くて簡単に持ち運びができるため、旅行やお泊りの時に周りに迷惑をかけるのでは?と心配な人でも、バレずにこっそり使うことができます。

イビキストのデメリット

×いびきの原因を経つわけではないので効果の持続性は低い

悪く言えば、イビキストはその場しのぎでしかありません。普段から何度も使っている内にいびき体質が改善されていく…というわけでもないので、これだけでいびきが改善できることはまず無いです。
栄養機能食品(特定の栄養素のうちどれかが一定量含まれている食品)であることを忘れずに。

副作用はあるのか?ないのか?

イビキストは公式の表記通り、栄養機能食品です。栄養機能食品とは特定の栄養素のうちどれかが一定量含まれている食品のことを指し、イビキストの場合はビタミンEがこれに該当します。

イビキストの全成分は以下の通り。

オリーブ油、ひまわり油、ペパーミント油、甘味料(キシリトール)、グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、酢酸V.E、クエン酸、保存料(ソルビン酸K、安息香酸Na)、酸化防止剤(ビタミンC)、ビタミンB6、糊料(HPMC)

出典:池田模範堂公式サイト

名目としては食品になるので、使用することで何か特別な副作用が出るとは考えづらく、実際の体験者の口コミでも副作用についてのものは見当たりません。
公式サイトのFAQでも、一本丸ごと飲んでしまっても食品なので問題なしとの回答があります(※キシリトールがお腹をゆるくさせる場合はあるそうです)。また、妊娠中の人や子供でも問題なく使えるとのこと。

注意するとすればオイルなどの配合成分にアレルギー反応を持つ場合。これはイビキストに限らず、アレルギー持ちの人は口にするものすべてに用心しなければなりません。つまり、副作用の心配は無いに等しいというのが結論。

イビキストの効果・副作用調べのまとめ


正直、いびき改善や対策の直接的な効果はありません。飲んでしまっても問題のないオイルが喉の奥を潤す…というものなので、使ったその日は空気の通りも多少スムーズにはなりますが、根本的な解決ではないのです。

同じ食品類であるサプリメントとの違いとしては、栄養を体内に摂り入れるものかどうか。サプリメントは睡眠自体をスムーズにする役割も担うので、イビキストの成分の比較対象にはならないというのが答えです。

イビキストはあくまでも応急処置的なポジション

効果の持続性には期待せず、使ってみたら少し良くなるかもしれない程度で試してみるのがオススメです。
気になるのがイビキストの容量の少なさ。一つあたり25グラムで約2~3週間使えますが、睡眠は毎日必ずすると考えると、どうせなら1ヶ月分で作ってしまえばよかったのでは…という気持ちも。

有名ないびき対策グッズの一つではあるものの、実際には寝息に対してのスプレーなので、イビキストというネーミングにも少し違和感。価格は手軽なので、旅行やお泊りなど「今夜はいびきが出たら困る!」という日のために持っておいて損はないでしょう。

いびき防止にお役立ち!いびきを治すための方法