1. TOP
  2. いびき対策特集
  3. ≫いびきは枕で改善できる?いびきと枕の関係性

いびきは枕で改善できる?いびきと枕の関係性


普段から使っている愛用の枕。でも実は、それがいびきをかいてしまう原因の一つかもしれません。色々な要因が考えられるいびきですが、基本的な原因は喉にある空気の通り道(気道)を塞いでしまうことにあります。
眠る時の体勢、そして枕の形や硬さでいびきがかきやすくなっているケースも。では、枕がいびきの原因の一つであることについて触れていきます。

いびきと枕はどう関係しているのか

枕には高さがあるものや低いもの、柔らかいもの、硬いものなど様々です。例えば枕の中にストローを短く切ったようなパイプが入っているものもあれば、小豆入りの枕、スポンジ入り、通販でも人気のテンピュール枕、低反発枕などザッと数十種類あります。しかし、実はいびきを出やすくしてしまう枕もあることはあまり知られていません。

いびきが出やすいとされる枕は?

➀高すぎる枕

高すぎるものは首が深く曲がり舌根沈下(舌が落ち込み器官を塞いでしまう)状態を引き起こします。舌の根元が落ち込むことで気道が狭くなり、いびきや無呼吸の原因となります。
普段から高い枕を使用していると体が馴染んでいるので、いびきをかいていることに気づきにくい場合も。
もしかして…と心当たりがあるなら、試しに一晩高さを替えてみましょう。低いなと感じる一方でもしも「呼吸が楽だ」と実感があるなら、その枕は体に合っていない証拠です。

➁低すぎる枕

低ければ良いというものでもなく、逆に低すぎる枕は首にかかる負担が大きくなります。これはいびきの直接的な原因というよりも、人体の理想的な「Cの字」のカーブを描いていない状態になるので、眠りが浅くなったり肩こりを引き起こします。
眠っても眠っても疲れがとれない…という場合、枕が低すぎではないかチェックしてみること。

③幅が小さい枕

あまりにも小さい枕だと、寝返りを打った時に枕から頭が落ちてしまいます。頭が落ちたことに気づかず、首の角度が不自然になった状態で眠り続けます。上記の通り、理想のCの字のカーブをキープできません。

④柔らかすぎる枕

頭が沈むほど柔らかい枕は、首の角度が不自然となるので良くありません。いびきの対策に向いているのは、どちらかと言うとしっかりと固定できる硬めの枕です。ただしあまりにも硬い枕だと頭痛を感じる人もいるので、ある程度の柔らかさは大切です。

いびき対策のキーポイントとなるのは体勢

いびきの原因は色々ありますが、枕にも原因があるとされているため、自分にあった枕を使わないと睡眠の質を下げてしまうことになります。自分の体に合っていて、体も自然な形をキープでき、なおかつストレスを感じないものを使うことが一番です。

いびき対策にオススメな枕3選

睡眠時、体勢の良し悪しを決める一番のポイントとなるのが正しい枕を使うこと。現在使っている枕が危ないと感じたら、思い切って切り替えてみるのも一つの手です。
はじめは枕が変わると違和感がありますが、慣れてくると呼吸も楽になり、睡眠中に受ける疲労感にも変化が訪れるでしょう。

最後に、いびき対策にオススメな枕を3つ紹介します。

日本人の約半数が横むきで寝ていることに着目した枕

【横向き寝専用まくらYOKONE(ヨコネ)】

画像はYOKONE(ヨコネ)サイトから引用。
この枕は横向きに寝ることにメリットがあると考えた、横向き専用の枕。普段から横向きで寝ることによって気道の確保ができ、いびき軽減に役立ちます。
腰痛持ちの方にも良いとされていて、腰への負担を軽くすることによって腰痛が楽になり、睡眠の質を上げることにつながっています。いびき軽減に繋がり、本物の睡眠を味わいたいという人にオススメです。
価格:19,440円。安くはありません…。

いま楽天で大人気の快眠枕

【スージーAS快眠枕】

楽天で何度も1位に輝いてる快眠枕。どんな姿勢で寝ていてもいびきを防止してくれて、さらに首の曲がりを正しい角度に改善出来て肩こり解消や朝の目覚めがいいなど、高評価の声が多い枕。
独自で開発した生地は通気性、滑らかさ、クッション性が快眠をサポート。
航空機の技術を取り入れた独創的なデザインも新感覚。
いびきだけでなく、寝付きが悪い人にもオススメ!
価格:7,800円

日本人の体型に合わせた枕

【クビックス】

日本人の体型に1番合った枕を目指し作られたいびき防止枕です。
仰向けでも横向きでもいびきをカバーできる形になっていて、首にある頚椎を優しく支えて気道を確保していびき改善に期待できます。寝返りをサポートしてくれるちょうどいい反発力と寝ていて気持ちがいい肌触りの枕カバーも人気の1つ。日本人なら1度は使ってみたい枕です。
価格:19,800円

まとめ

いびき防止枕は色んな種類がありますが、まずは自分の寝相やいびきの特徴などを把握してから自分に合った枕を選びたいです。
枕だけでいびきを100%改善出来るかは分かりませんが、いま使っている枕が合わないと感じている方は試してみるのもいいですね。
日本人のために作った枕、横向きのために作った枕、航空機のような枕?など色んなテーマで作られているので枕選びも大変ですが、それぞれに良いところがあるのでどれを買っても失敗は少ないはず。
この枕を使いさらにいびき防止サプリやいびき防止グッズなどを使えばいびき改善の期待があがる可能性は大!

ちなみに管理人の私もこの枕を使ってみたいのですが、高いのでなかなか手が出ません。
もう少し手が出やすい価格だとありがたいのに…。